TOP > 沿革

沿革

1969年(昭和44年 4月) 東京都渋谷区神宮前1丁目にて、一級建築士事務所 将建築設計を創立
1970年(昭和45年12月) 東京都港区高輪1-4-26に移転、同時に株式会社 将建築設計と法人に改組
1976年(昭和51年 1月) (株)D.P.Cと歯科医院の設計及監理業務の技術提携を行う
1979年(昭和54年 8月) 資本金300万円に増資
1984年(昭和59年 4月) (株)D.P.Cの業務を継承
従来の設計・監理業務に加え歯科診療所の内装工事における
設計・施工及び診療キャビネットの製作販売等の業務拡大
1984年(昭和59年 5月) 資本金600万円に増資
1992年(平成 4年 6月) 資本金1,000万円に増資
1997年(平成 9年10月) 設計業務にてCADを導入
1998年(平成10年11月) 3次元CGによるプレゼンテーションを開始
2004年(平成16年 5月) 谷口久孝が代表取締役会長に、駒場俊雄が代表取締役に就任
2006年(平成18年 8月) 東京都中央区京橋3-6-21に移転
2013年(平成25年 8月) 上野一宏が代表取締役に就任